メンズエステ 十五夜 千種

archive

メンズエステ 十五夜 千種

紀貫之→三十六歌仙のひとり。「古今和歌集」の選者の一人。「土佐日記」 野口雨情→茨城出身の童謡作家。「十五夜お月さん」「青い目の人形」 サンテグジュペリ→フランスの飛行家、作家。「星の王子さま」 イプセン→ノルウェーの近代演劇作家。「人形の家」

【望月】聞いたことあるかな?満月のことだよ。 陰暦十五夜の月、特に陰暦8月15日の満月のことを指すんだよ 月といえば望月を思い出す人も多いんじゃないかい?

紙パンツは細いの。前も後ろも腰紐も全部細くて…きっちり穿こうとしても感情以上に溢れ出すものが。紙パンツがチープであればある程、うれしくなるのはメンエスだけの価値観かなぁ。うつ伏せでスタンバイOK、優しい圧からのほぐし。

仕草もカワイイので、若く見えるのかも。施術ルームの設備関係はメンエス基準のど真ん中を行ってるイメージ。上着を掛けられるハンガーラックがあったのは良かったかな。テーブルにお茶、甘いもの等。状態を上げて行くには多少の糖分も必要ですね。

【名月】空が澄み渡って、月の高度もほどよく、鑑賞するのに最適とされる秋晴れの夜空の月のことだよ。 具体的には、古来より明月を観賞する習慣のある、陰暦8月十五夜(中秋の名月)と9月十三夜の月(後の月)だね。

十五夜作って満足したのがよくわかりますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました